防腐剤のないシャンプー

work

無添加シャンプーと聞くと、どれを購入してもどれも同じように思えますが決してそういうわけではありません。無添加シャンプーの多くは天然由来成分でできていることは間違いがありませんが、その天然成分がどのようなものを原料にしているかによって、かなりシャンプーとしての効果や効能に差がでてきます。
無添加シャンプーといえども、石けん本体の腐敗を防ぐという目的で防腐剤が配合されている場合がかなりあります。防腐剤が配合されていても即体に影響があるというわけではないのですが、非常に肌が弱かったり敏感であったりする人にとっては大事にもつながりかねないので、100%天然であるかどうかは購入前に確認をしておいた方がよいかもしれません。
無添加シャンプーに配合される防腐剤として一般的なのは「パラペン」という物質です。ですが、この「パラペン」という名前が有名になり、成分表示に記載することで売上に大きな影響が出るようになってしまった現在では「パラペン」ではなく「フェノキシエタノール」という名称のものを使う場合も増えてきています。
ただし、防腐剤が完全に悪者であるわけではありません。防腐剤の役割は天然成分のシャンプーが腐敗してしまうことを防ぐことです。天然由来成分は天然のものであるだけに腐敗が起こりやすくなっています。使用期限もその分短めなので、腐敗が起こってしまったシャンプーを使用したために、かえって肌の調子を崩してしまうこともあります。