経皮毒とは

work

アトピーや敏感肌、かなり強い乾燥肌の人は使用するシャンプーとして「合成界面活性剤」「合成添加物」が使用されているものは使ってはいけません。合成界面活性剤や合成添加物が配合されている石けんやシャンプーは、大変人体に大きな刺激を与えるものなので、使用を続けることで深刻な肌荒れが引き起こされてしまうことがあります。
また、現在特に慢性的な肌トラブルを抱えている人でなくても「経皮毒」により長期的に健康被害が発症してしまう可能性があります。「経皮毒」は最近聞かれるようになってきた言葉で、毎日使用する生活用品によって肌内に毒が蓄積されることで受ける被害のことです。それまでいわゆる現代病の原因としてされてきたのは「食生活の乱れ」や「偏食」、または食品全般的に含まれている「添加物」でした。しかしこの他にも石けんやシャンプー、洗剤、化粧品の継続使用も大きな影響を与えているとの研究が発表されたのです。
経皮毒が起こるのは、「経皮吸収」と呼ばれる皮膚を通した化学物質の浸透です。医薬品や洗濯物に残留した化学物質、シャンプーや石けんに含有する有害物質が、長期的に皮膚の弱体化やトラブルを招くとされています。
中でも市販のシャンプーに多く含まれている「ラウレル硫酸Na」や「ラウレス」、「スルホン酸」などといった合成界面活性剤の被害は深刻です。できれば若年層からの長期使用は避けるようにし、信頼出来るメーカーのシャンプーを利用していきましょう。